MRM 吃音

MRM吃音改善プログラムで失敗しないための3つのポイント

MRM吃音改善プログラムのポイント

吃音を治したい!」、「滑舌(かつぜつ)を良くしたい!」そう思って、インターネットで色々と調べ、中村しょうさんの教材である「M.R.M吃音改善プログラム」を見つけた方は多いのではないでしょうか。
ただ、ちょっと待ってください!
この教材は、本当に今のあなたに合っているものですか?
ここでは、「M.R.M吃音改善プログラム」を試そうかどうか迷っているあなたに、購入前に気をつけるべき3つのポイントをお話したいと思います。

 

中学生以上であること

この教材は、メンタルトレーニングを主軸として、主に大人向けに適している教材だと考えられます。なぜなら、小学生以下の児童(子供)が吃音の場合、中学生以上の児童とは原因が異なり、家庭環境に問題があることが多いと考えられるからです。この場合は、根本的な原因(例えば家庭環境)を改善しない限り、吃音を改善することは難しいです。ですので、この教材を実践される前提条件として、あなたが中学生以上であることが望ましいと言えるでしょう。
>>子供と大人の治療法の違いについて

 

メンタルトレーニングが主体であること

吃音(どもり)と言うと、その症状から発声練習やスピーチの訓練が必要なのではないかとお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、そのような訓練は一時的には症状が緩和されるかもしれませんが、応用が難しいことから根本的な解決法とは考えにくいと言えるでしょう。なぜなら、話さなければならない状況というのは、様々な場面が考えられますし、そこで訓練のときと同じような結果を発揮できるとは限らないからです。また、発声訓練を続けていくほど、本人の吃音への意識は固定されてしまい、場合によっては悪化することさえ考えられるためです。
この教材では、吃音をメンタルトレーニング(メンタルリハーサル=予行イメージ法)によって解決する方法をとっています。メンタルリハーサルとは、簡単に言うと認知行動療法のことで、スポーツや芸術、心療内科など、他の分野でも取り入れられている方法です。ですので、自分の吃音を改善するためには、発声訓練とメンタルトレーニングのどちらを選択するべきなのか、よく考えた上でお選びになるといいでしょう。
発声訓練ができると思ってこの教材を購入してしまうと「思っていたのと違った」などといったことになりかねませんので、その点をご注意頂ければと思うのと、メンタル的アプローチでトレーニングすることに対する理解が必要になります。
>>どもり改善に必要なメンタルトレーニングとは?

 

6週間続ける意思があること

この教材は、何かの裏技を使ったり、一瞬で流暢にしゃべれるような魔法のようなものではありません。そういった方法というのは、一時的には良くなるかもしれませんが、きっと長続きしないでしょう。「MRM吃音改善プログラム」は、吃音に対する知識をきちんと理解して、メンタルトレーニングによって少しずつ脳の潜在意識を変えていく方法をとっています。1日20分で構いませんので、6週間続ける気持ちを持った上でこの教材を実践されると良いでしょう。
でも心配はいりません。中村しょうさんからの定期的なメール配信によって、モチベーションを維持しやすい工夫がされていますし、途中で少しお休みする日があったとしても、最大3ヶ月まではサポートも付いています。

 

MRM吃音改善プログラムの構成

MRM吃音改善プログラムは以下の内容で構成されています。

 

【メイン教材】
MRM吃音改善プログラムの構成


    【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの公式サイトはこちら

     

  1. パラダイムシフト編
  2. 吃音の基礎知識を優しくかみ砕いて説明しているテキスト
    (合計164ページ)

     

  3. マインドシフト編
  4. 吃音改善のための実践的なトレーニング方法を説明しているテキスト+Webビデオセミナー
    (テキスト 6部構成/合計180ページ)
    (Webビデオセミナー 6部構成/合計197分)
    吃音についての基礎知識を学びながら、実践的なトレーニングに入ってくといった体系的なカリキュラムで構成されていて、1日20分のトレーニングを6週間続けることで吃音を改善してくスケジュールで組まれています。

 

あなたは、なぜ吃音を解消したいのでしょうか?

 

会議や面接などでもっと堂々と話したい

自然に電話で話せるようになりたい

好きなように話せるようになって、もっと自分を表現したい

バリバリ仕事がしたい

友達付き合いをもっと楽しくしたい

楽しく恋愛がしたい

もっと人生を楽しみたい

 

MRM吃音改善プログラムの未来

 

さらに、今なら特典やサポートがついてます。

 

【特典・サポート】

  1. 中村しょうさんへのメール質問権利(3ヶ月)
  2. 完全フォローアップメール
  3. 勇気を手に入れる究極の方法
  4. 応急処置マニュアル「吃薬」どもりぐすり

 

しかも、全額返金保証までまでついています。
【全額返金保証】
満足できなかった場合は、90日後、30日以内にメールをすることで全額返金が受けられます。教材だけでも専門的な内容でボリュームがある上に、わからないことがあればメールサポートが受けられます。
また、フォローアップメールがあるのでモチベーションも維持しやすい。更に、急な場面にもうまく対応できるように、応急処置マニュアルまでついています。
しかも、満足できなかった場合は全額返金保証がありますので安心ですね。
料金も、キャンペーン割引期間中はなんと、45,000円⇒29,700円で購入が可能です。

 

MRM吃音改善プログラムのパッケージ

 

▼▼最新キャンペーンをチェック▼▼
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの公式サイトはこちら

 

メンタルトレーニングが必要な理由

なぜ、この教材では発声練習ではなく、メンタルトレーニング(メンタルリハーサル)が主体となるのでしょうか?
それは、吃音を抱えている方の傾向として、どうしても色々な場面を避けて生活している人が多く、そのことが吃音の固定化や悪化につながってしまうと考えられるからです。あなたも、これまでこういった体験はありませんでしたか?

  • 授業や会議などで発言をしたいことがあっても、どもるのが嫌で手を上げられなかった
  • 電話をかけたほうは早いと思っても、ついメールを選んでしまう
  • 飲み会や友人の誘いを断ってしまう。

など。
これは一例ですが、吃音という症状以外にも、生活の場面で「経験」する機会を失ってしまうことが、自信の無さや自分に対する劣等感につながってしまい、悪循環となってしまうことが多いのです。これを解消するには、少しずつでもいいので様々な場面の「経験」を積んでいくしかないのです。吃音でない方も、この「場慣れ」によって成長し、色んなことに自信がついていきます。そして、行動範囲も広がっていき、色々なことを楽しめるようになっていくのです。ですから、最初の一歩として、まずは自分のメンタル面を変えていくことはとでも大事なのです。

 

見直されている「ホリスティック療法」

医学はこれだけ進歩しても、いまだに吃音の治療薬が開発されていないのは、身体の機能的な病気(※)というよりも、脳の潜在意識やメンタル的な部分が大きいからなのではないでしょうか。
※先天的な脳の機能障害などと診断された場合を除く
前述のように、少しずつでもいいから行動する機会を増やしていく、それによって少しずつ自信を得る、そして生活そのものがもっと楽しくなっていく。楽しくなると、好きなことに没頭したり、勉強や仕事に一生懸命になる。すると吃音のことを気にしなくなる(気にする暇がなくなる)、やがて吃音自体も自然に癒えていく、といったように、歯車が良い方向に動いていきます。東洋医学などでも、「自然治癒力」は「脳」に眠っているといわれています。まずはメンタル(=脳)を健全な状態にすることで、この自然治癒力も発揮できるようになるのではないでしょうか。
この自然治癒力に目を向けた考え方で、世界的にも注目されている「ホリスティック医療」・「ホリスティック療法」という言葉があります。これは、人間というのは、心も身体も一体の生き物なので、病気や症状そのもの(表面的に出ているもの)に目を向けるだけではなく、メンタル面なども含めた、人間の身体を全体的に見るべきだとする考え方です。
「木を見て森を見ず」という言葉もある通り、吃音で言えば「発声練習」のみに着目するのではなく、もっと身体を包括的な観点で、メンタルを含めて見直すことが必要なのではないでしょうか。
この考え方がベースにあった上で、(吃音の矯正という観点よりもビジネスマンとして)上手に話すテクニックとして、話し方の勉強などを補助的に取り入れるのであれば、相乗効果も見込めるので良いのではないでしょうか。
MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM 吃音 MRM MRM MRM MRM MRM MRM MRM